本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

エスノメソドロジーと時間

最近、本格的に勉強する気はないのだが、John Heritage先生のGarfinkel and Ethnomethodologyの読書会をしている。そして、思いの外、Heritage先生の英語がつらい。

 

それはともかくpp.108-9で次のように書かれていて、それが気になった(なんかいろいろめんどくさい文章なので訳さない)。

 

Hence the role of time as an essential component in the unfolding succession of 'here-and-now' reconstitutions of the actors' circumstances is ignored. Instead time is treated within the theory as, to use Garfinkel's expression, a 'fat moment'(Garfinkel, 1952: 147).

 

 これはパーソンズなどの行為のrule-governedモデルを採用している人たちに対する批判で、とにかく「時間の役割を無視している」ということだ。

 

この点に関して、いわゆるベルクソンの「空間された時間」に対する批判と通じるものがあると思うが、エスノメソドロジーとの比較はとにかくつらそう。

 

Garfinkel and Ethnomethodology (Social & Political Theory)

Garfinkel and Ethnomethodology (Social & Political Theory)