本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

スティーヴン・スピルバーグ『シンドラーのリスト』(1993年)4/5点

ホロコーストの映画として非常に著名な作品。なんかパイセンがあまりよくないと言っていた気がするが、普通に感動した。 

 

ドイツ人のオスカー・シンドラーは、商売のためにドイツが占領したポーランドにやってきたはずだったが......

 

Wiipediaの記事によると、多くの監督候補のなかからスピルバーグが選ばれたらしい(ただし、ソースが書いてない)。

 

これも要出典だが、また同じ記事によれば、「終盤のカラーパートで出演したシンドラー夫人のエミリエは本作について、「ユダヤ人をあくまで労働力としかみなかった夫を美化している」とコメントしている」らしい。

 

レイフ・ファインズが演じたアーモン・ゲートが印象的だった。

シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD]