本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ドイツ語のお勉強(ニーチェ『善悪の彼岸』3)

テキストはProject GutenbergのJenseits von Gut und Böse by Friedrich Wilhelm Nietzsche

原文

3.

Nachdem ich lange genug den Philosophen zwischen die Zeilen und auf die Finger gesehn habe, sage ich mir: man muss noch den grössten Theil des bewussten Denkens unter die Instinkt-Thätigkeiten rechnen, und sogar im Falle des philosophischen Denkens; man muss hier umlernen, wie man in Betreff der Vererbung und des "Angeborenen" umgelernt hat. So wenig der Akt der Geburt in dem ganzen Vor- und Fortgange der Vererbung in Betracht kommt: ebenso wenig ist "Bewusstsein" in irgend einem entscheidenden Sinne dem Instinktiven entgegengesetzt, - das meiste bewusste Denken eines Philosophen ist durch seine Instinkte heimlich geführt und in bestimmte Bahnen gezwungen. Auch hinter aller Logik und ihrer anscheinenden Selbstherrlichkeit der Bewegung stehen Werthschätzungen, deutlicher gesprochen, physiologische Forderungen zur Erhaltung einer bestimmten Art von Leben. Zum Beispiel, dass das Bestimmte mehr werth sei als das Unbestimmte, der Schein weniger werth als die "Wahrheit": dergleichen Schätzungen könnten, bei aller ihrer regulativen Wichtigkeit für uns, doch nur Vordergrunds-Schätzungen sein, eine bestimmte Art von niaiserie, wie sie gerade zur Erhaltung von Wesen, wie wir sind, noth thun mag. Gesetzt nämlich, dass nicht gerade der Mensch das "Maass der Dinge" ist…..

 試訳

十分長い間、哲学者というものを行間に読んだり、しっかり見張ったりしたあとで、私は次のように思う*1。これから、意識的な思考のほとんどを本能活動の一つのうちに数えるべきならない、哲学的思考の場合さえも。遺伝と先天性に関して学び直したumlernenように、ここで人は学び直さなければならない*2。遺伝の前のプロセスやその先のプロセス全体において、産むという行為が考慮されることはほとんどない*3。”意識”でさえ、いわば決定的な意味で、本能的なものと対立することはほとんどないのである。一人の哲学者の意識的な思考のほとんどは、自らの隠れた本能によって導かれており、一定の道をたどるように強いられているのである。また、あらゆる論理と、その運動の見かけ上の独断性の背後には、価値評価、明らかに、生の特定の流儀を保持することに対する生理学的要求があるのである。その価値評価とは、たとえば、規定されたものは規定されていないものより価値があるということ、仮象は真理より価値がないということである。このような価値評価は、我々に対する調整的な重要性を持つ限りでは、前景的評価にすぎなかったかもしれないが、特定の種類の愚かしさniaserieが、私たちはどのようなものとして存在しているかに関する本質を保持させることを必要するかもしれないのである*4。つまり、人間が”諸物の尺度”で必ずしもないとすれば…

 

コメント

意識的な思考のほとんどは、哲学的思考でさえも、本能によって導かれているのではないかということだと思う。ただ、このとき本能と意識的思考がどう違うのかが問題。思いついた違いは、意識的な思考はコントロール可能だが、本能は必ずしもそうではないということぐらい。

人間が諸物(万物)の尺度ではないというのは、人間を人間たらしめていると言われる理性ではなく、万物の価値を評価しているのは本能ということか?

*1:なんとなく意味わかるけど、いい訳し方が思いつかない

*2:遺伝と先天性の話はどういうことか全くわからん

*3:産むって何?

*4:これも全然自信ない。原文はdergleichen Schätzungen könnten, bei aller ihrer regulativen Wichtigkeit für uns, doch nur Vordergrunds-Schätzungen sein, eine bestimmte Art von niaiserie, wie sie gerade zur Erhaltung von Wesen, wie wir sind, noth thun mag.