本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ドイツ語のお勉強(ニーチェ『善悪の彼岸』19の途中から最後まで)

テキストはGutenberg Projectのこれ

 

原文

es begiebt sich hier, was sich in jedem gut gebauten und glücklichen Gemeinwesen begiebt, dass die regierende Klasse sich mit den Erfolgen des Gemeinwesens identificirt. Bei allem Wollen handelt es sich schlechterdings um Befehlen und Gehorchen, auf der Grundlage, wie gesagt, eines Gesellschaftsbaus vieler "Seelen": weshalb ein Philosoph sich das Recht nehmen sollte, Wollen an sich schon unter den Gesichtskreis der Moral zu fassen: Moral nämlich als Lehre von den Herrschafts-Verhältnissen verstanden, unter denen das Phänomen "Leben" entsteht. –

試訳

ここでは、すべての上手く構築され幸運な組織で生じることが生じている、つまり支配階級が自らを組織の成果として見なしているのである。意志においてまさに問題なのは、既に述べたように多数の魂の共同体の土台にある、命令することと服従することである。そのために、意志自体をきっと道徳の観点からとらえる哲学者自身が権利を行使するべきだったのである。つまり、支配関係に関する教説として道徳を理解すること、そのもとで生という現象が生じる―

コメント

身体を多数の魂の共同体として捉えるのが面白い。支配-服従というのは、身体を考えるのに使うキータームなんだろうけど、なんかよくわからん。