本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ドイツ語のお勉強(ニーチェ『善悪の彼岸』43)

テキストはProject GutenbergのJenseits von Gut und Böse

 

原文

43.

 

Sind es neue Freunde der "Wahrheit", diese kommenden Philosophen? Wahrscheinlich genug: denn alle Philosophen liebten bisher ihre Wahrheiten. Sicherlich aber werden es keine Dogmatiker sein. Es muss ihnen wider den Stolz gehn, auch wider den Geschmack, wenn ihre Wahrheit gar noch eine Wahrheit für Jedermann sein soll: was bisher der geheime Wunsch und Hintersinn aller dogmatischen Bestrebungen war. "Mein Urtheil ist mein Urtheil: dazu hat nicht leicht auch ein Anderer das Recht" - sagt vielleicht solch ein Philosoph der Zukunft. Man muss den schlechten Geschmack von sich abthun, mit Vielen übereinstimmen zu wollen. "Gut" ist nicht mehr gut, wenn der Nachbar es in den Mund nimmt. Und wie könnte es gar ein "Gemeingut" geben! Das Wort widerspricht sich selbst: was gemein sein kann, hat immer nur wenig Werth. Zuletzt muss es so stehn, wie es steht und immer stand: die grossen Dinge bleiben für die Grossen übrig, die Abgründe für die Tiefen, die Zartheiten und Schauder für die Feinen, und, im Ganzen und Kurzen, alles Seltene für die Seltenen. –

 試訳

この来るべき哲学者たちというのは、新しい真理の友なのだろうか? 十分本当であるように思われる。というのは、これまですべての哲学者たちは自らの心理を愛していたからである。しかしたしかに、彼ら来るべき哲学者は独断家にはならないはずである。彼らの真理が万人の真理でなければならないとしたら、彼らの誇りと、また彼らの趣味に反するに違いない。それがこれまで独断家の努力すべての有する隠された願いと意味であったのだが。”私の判断は私の判断である。その判断に対する権利を他人は容易にもつことはできない”とそうした未来の哲学者は言うだろう。人は多くの人と意見を一致させるという悪い趣味をやめなければならない。隣の人がそれを口にしたら、”よい”はもはやよいではないのである。ましてやどうして”共通善”がありえようか! その言葉は自己矛盾している。共通でありうるものは、常に少ない価値しか持たない。今とこれまでもずっとそうであったように、次のようでなければならない。偉大なものは偉大な人のためのものにとどまり、深淵は深いもののために、繊細さと戦慄は繊細なもののためにあり、要するに、稀有なものは稀有なもののためにあるのである―