本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ドイツ語のお勉強(ニーチェ『善悪の彼岸』53)

テキストはProject GutenbergのJenseits von Gut und Böse

 

原文

53.

Warum heute Atheismus? - "Der Vater" in Gott ist gründlich widerlegt; ebenso "der Richter", "der Belohner". Insgleichen sein "freier Wille": er hört nicht, - und wenn er hörte, wüsste er trotzdem nicht zu helfen. Das Schlimmste ist: er scheint unfähig, sich deutlich mitzutheilen: ist er unklar? - Dies ist es, was ich, als Ursachen für den Niedergang des europäischen Theismus, aus vielerlei Gesprächen, fragend, hinhorchend, ausfindig gemacht habe; es scheint mir, dass zwar der religiöse Instinkt mächtig im Wachsen ist, - dass er aber gerade die theistische Befriedigung mit tiefem Misstrauen ablehnt.

 

 

試訳

53.

今日、なぜ無神論なのか? 神のなかの“父”は徹底的に反証されている。”審判者”と”報いを与える者”も同じである。その”自由な意志”もそうである。つまり、神は聞いていない―そして、聞いているとしても、神は助けるということを心得ていないだろう。最悪なことは、彼が自分の心を明瞭に伝えることができないように思われるである。つまり、彼は明晰ではないのではないか?―このことが、ヨーロッパの有神論の没落の原因として、様々なことを話題で、問いかけ、耳を傾けて、私が発見したものである。たしかに宗教的本能は成長しているが―しかし、まさにこの本能が有神論的な充足を深い不信をもって拒絶していると私には思われるのである。