本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

アキ・カウリスマキ『過去のない男』(2002年)3/5点

ある男が電車でヘルシンキに到着し、公園で休んでいるところを暴漢に襲われ、記憶をなくして、仕事を探したり恋をしたりする話。

 

正直、これは未知数。知らずに観たのだが、実はコメディ映画らしい。そう考えれば、暴漢に襲われた男が病院に運ばれて、脈拍が止まったのを確認されたのに、突然立ち上がったことも納得できるのかもしれない。

 

ただ、めちゃくちゃ批評家や映画好きの評判は高いらしい。英語版Wikipediaの記事によれば、

 

The film received overwhelmingly positive reviews from critics. Rotten Tomatoes rated it 98%,[3] while Metacritic rated it 84,[4] which, according to the website's criteria, classifies the film's reception as "universal acclaim". Roger Ebert awarded the film 3½ stars out of 4, saying he "felt a deep but indefinable contentment".[5] Kirk Honeycutt of The Hollywood Reporter said the film "contains not one false note. It is the work of an artist fully in control of his art."[6] Barbara Scharres of the Chicago Reader said that Kaurismäki "perfects his trademark formula of deadpan humor and arctic circle pathos in this brilliantly ironic 2002 comedy."[7]

まあ、私には面白さがほとんど分からなかったけど。