本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ヴィクター・フレミング『オズの魔法使い』(1939年)3.5/5点

ライマン・フランク・ボームの有名な児童文学作品をもとに、つくられたミュージカル映画(私はこのシリーズの存在を知らなかったが)。Wikipediaの記事によれば、この映画の前に、いくつも『オズの魔法使い』の映画がつくられていたらしい。

 

主人公ドロシーは、家ごとトルネードに吹き飛ばされて、魔法の世界(?)に行ってしまう。元の世界に帰るために、途中で案山子、ブリキの木こり、ライオンを仲間に加えながら、ドロシーはエメラルドの都に住む大魔法使いオズに会いに行く。ところが、西の悪い魔女が襲ってきて......

 

現実世界はモノクロで、魔法の世界はカラーという演出が面白い。

 

案山子とブリキの木こりとライオンは、それぞれ脳と心と勇気を求めて、オズの魔法使いに会いに行くのだが、その叶え方がいい加減で笑った。

 

でも、東の悪い魔女にせよ、西の悪い魔女にせよ、悪い魔女の命軽すぎるな。

 

オズの魔法使 特別版 [DVD]

オズの魔法使 特別版 [DVD]