本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ロン・ハワード『ビューティフル・マインド』(2001年)3.5/5点

ゲーム理論に対する貢献でノーベル賞を受けた数学者ジョン・ナッシュの生涯を描いた作品(まだご存命だけど)。受けたノーベル賞は経済学賞だが、基本的には数学を研究しているらしい。

 

プリンストン大学院に入ったナッシュ(ラッセル・クロウ)は授業にも出ず、独りで研究に没頭する。なかなか成果が出せず苦労もするのだが、ゲーム理論の研究でP.h.Dを取得する。M.I.T.に教員として赴任し、自分の学生だったアリシアジェニファー・コネリー)と結婚する。軍から依頼された暗号解読の仕事に取り組むにつれて、精神的に追い詰められているが、実は.....

 

面白かった。ナッシュを知っている人なら、どういう展開になるのかが前もってわかるのだろうが、私はナッシュ均衡という言葉しか知らなかった(言葉の意味は理解してない)。

 

しかし、Wikipediaの記事を読むと、映画の話は事実とはいくつか異なる点があるらしい(描かれてないだけ?)。たとえば、途中でジョンはアリシアと途中で離婚しているらしい。でも、再び一緒に暮らすようになったらしいけど。

 

ビューティフル・マインド [DVD]

ビューティフル・マインド [DVD]