本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

今敏『パプリカ』(2006年)4/5点

時田浩作(古谷徹)が発明したDCミニは、まだ完成はしていないが、他人の見ている夢のなかに入り込む装置。それを使って、同じく研究所で働く千葉敦子(林原めぐみ)はサイコセラピスト・パプリカとして、密かに活動していた。

 

ところが、ある日DCミニが盗まれてしまう。DCミニは悪用しようとすれば、相手の夢に勝手に入り込み、精神に重大な影響を与えるような危険な装置。もともとDCミニで人間の夢に介入することに懐疑的な、研究所の理事長・乾精次郎(江守徹)は悪用されるのを防ぐために、DCミニの開発を中止しようとする。はたして誰が犯人なのか? そして、犯人の目的とは?

 

話も面白いし、登場人物もキャラが立ってる。現代芸術みたいな感じで、映像も観てて楽しめる。

 

パプリカ [DVD]

パプリカ [DVD]