本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ジャン・ドレ『ボルサリーノ』(1970年)2.5/5点

1930年代のマルセイユ。出所したばかりのギャングであるロッコ・シフレディ(アラン・ドロン)はかつての恋人であるローラ(カトリーヌ・ルーヴェル)をめぐって、フランソワ・カペラ(ジャン=ポール・ベルモンド)と殴り合いの喧嘩になる。しかし、なぜか二人のあいだに友情が芽生えて、二人で出世を目指すことになる。

 

観やすいけど、ちょっと観やすすぎる感じ。

 

ボルサリーノ <デジタル・リマスター版> [DVD]

ボルサリーノ <デジタル・リマスター版> [DVD]