本当のことは誰にも言わない

書けるときは書きます

ジャン=リュック・ゴダール『たのしい知識』(1969年)3.5/5点

エミール・ルソー(ジャン=ピエール・レオ)とパトリシア・ルムンバ(ジュリエット・ベルト)が暗闇で、イメージと音について考えたり語ったりする映画だと思う。一年目はイメージと音を学び、二年目はそれらを批判して、三年目は新しいイメージと音を創る。

 

こうゆうタイプの映画が苦手な私にしては、楽しめた。毛沢東の名前がいっぱい出てくる。

 

図書館には英語字幕のDVDしかなかったので、英語字幕で観たのだが、ちょっと訳が適当な印象を受けた。

たのしい知識(HDマスター) [DVD]

たのしい知識(HDマスター) [DVD]